オプトメトリスト

オプトメトリストという職業の名前は、Opto 光 meter 測定 から来ており、本来光学の専門家であり、屈折異常(メガネの度数)の測定から、幾何光学の研究、応用まで幅広い。optician (眼鏡作製) 、ophthalmic dispenser(英国での眼鏡作製) が、職業の前者として存在するが、米国や英語圏では、optometry school が4年生の専門学部として確立され、M.D. (医師)や D.D.S (歯科医)...
眼鏡店が生家である私は、大学の3年から夜間の日本眼鏡学校(当時は世田谷区上馬)で学びました。 メガネの度数の決定や、加工技術などの取得とともに、学外への体験として慶応義塾大学の信濃町の眼科外来での視力測定のお手伝いもありました。 そこで、私の担当として、一人の女性の患者さんの裸眼視力の測定をさせていただきました。
オプトメトリストはまだ日本では職業として馴染みはないかとは思いますが、米国、英国など英語圏では、眼科医と並んで、眼に関することのプロフェッショナルな職業として認知されています。