社外活動

ビューシッククギミヤの発展は地域の方々と共にあると確信しています。

先々代社長の釘宮芳吉が昭和34年より行ってきた社会奉仕活動は、

先代社長、現代社長と50年にわたり継続してきました。

これらの活動はビューシッククギミヤが続く限り、先々代社長の釘宮芳吉の意思として引き継がれていくでしょう。

 

  敬老の日の社会奉仕

社会への奉仕で少しでもお役に立てればと、昭和34年以来毎年

「敬老の日」に老人施設を訪問しメガネの無料贈呈を続けています。

  中学2年生の子供たちにメガネを

ビューシッククギミヤでは、毎年10月10日の「目の愛護デー」になると

中学2年生の生徒さんへメガネの贈呈を続けています。

  中古メガネ回収事業

別府ライオンズクラブでは、不要になったメガネを回収して、オーストラリアの回収センターを通じ、

メガネを必要としている方々にお送りするプログラムを行っており、ビューシッククギミヤも参加しています。

ご協力いただいている事業所や学校、公共施設に回収ボックスを設置していただいています。

どなたでも参加できるプログラムです。みなさんのいらなくなった1組のメガネから、笑顔をつないでください。

ビューシック・クギミヤ
亀川小学校の子供たちから、集めた中古眼鏡を別府ライオンズクラブに贈呈いただきました。

  スペシャルオリンピックス

「スペシャルオリンピックス」(http://www.son.or.jp)とは、知的発達障害のある人たちに

様々なスポーツトレーニングとその成果の発表の場である協議会を年間を通じて提供している国際的なスポーツ組織です。

スペシャルオリンピックスは非営利活動で、運営はボランティアと善意の寄付によっておこなわれています。

その活動の中で、ヘルシー・アスリート・プログラムという活動があります。

 

1 身体の柔軟性やバランス(ファンフィットネス)

2 視力(オープニングアイズ)

3 口腔(スペシャルスマイルズ)

4 聴力(ヘルシーヒアリング)

5 足のケア(フィットフィート)

6 栄養・生活習慣(ヘルスプロモーション)

 

2番目のプログラム、視力(オープニングアイズ)はライオンズクラブ国際協会がスポンサーを務めております。

ビューシッククギミヤも、現代社長がお手伝いをさせていただいております。