10月10日は「目の愛護デー」

10月10日は「目の愛護デー」です。

この機会に、ご自身とご家族の「目」に注目してみてはいかがでしょうか?

快適な人生は眼の健康から お気軽にご相談ください!

加齢による目の病気 早期発見、早期治療が大事 快適な人生は眼の健康から
快適な人生は眼の健康から

年齢と共に、屈折異常だけでなく、視力に関わる変化や、機能的な問題が表れて、メガネの調整もより高度な判断が必要になります。

日常で不自由に感じる視生活や、聞き取りにくさを、年齢だけが原因と決めつけずに、お気軽にご相談ください。


まぶしさを感じるすべての方へ

まぶしさを感じるすべての方へクオリティーオブアイライフ クリアな視界そのままにTOKAIの遮光レンズ
まぶしさを感じるすべての方へ

まぶしさは個人によって感じ方が異なります。

透光体の混濁や、網膜疾患などでまぶしさを感じる場合は、生活の不快感をおぼえる場合があります。

遮光レンズを使用することによって、コントラストをあげることで、暗くはならずにまぶしさを改善し、視生活の質の向上につながります。

また、白内障・緑内障・色素変性症に効果があるともいわれております。

メガネの上からかけられる、オーバーグラスは通勤やアウトドアの活動にも便利です。

 

個人差があるために、店頭でのテストレンズをお試しすることをおすすめします。

 

<参考ページ>Eyelife まぶしさを感じるすべての方へ(東海光学)

 


もしかして補聴"期"? 両耳装用のすすめ

もしかして補聴"期"?将来聴力低下が進んだ時、補聴器と上手に付き合っていけるようになるためにも…補聴器は早期装用・両耳使用が基本です。
もしかして補聴"期"?

この機会に合わせて、「耳」の調子も確認してみてはいかがでしょうか?

将来聴力低下が進んだ時、補聴器と上手に付き合っていけるようになるためにも…

補聴器は「早期装用」「両耳使用」が基本です。

  1. 会話が聞きやすくなります。
  2. 方向・距離がわかりやすくなります。
  3. 疲れにくくなります。
  4. 聞き取り能力低下の予防になります。

また「聞こえる」ようになり、言葉を理解することによって、会話が多くなり、認知症予防にもつながると言われております。

気になる方は、ご家族の方とご一緒にご来店、あるいはお気軽にお問い合わせください。